カードローンの金利の比較はここをみる

新規にカードローンを比較する場合に、最も重要視するのはカードローンを提供する金融機関のカードローン金利がどうなのかということでしょう。

もちろんカードローンの金利は低ければ低いほうがいいことにはまちがいありませんが、たいていの金融機関の金利は何%から何%と幅を持たせて提示していることがほどんどです。

金融機関のカードローンの金利を比較する方から見れば、どうしても最低金利の方に目がいくことは仕方のないことでもありますが、本当に比べなければならないのは最大金利の方です。

新規でカードローンを申し込んだ場合では審査に通ったとしても融資の限度額はあまり多い金額にならず、そのこともあって金利も最大金利に近い数字に決まることが多いからです。

最低金利が適用される融資はカードローンの融資限度額の最大の限度額の場合ですので、融資限度額が低ければ金利も高くなってしまいます。

まずは最大金利に注目して比較をすればいいでしょう。

カードローンの魅力

私は先日カードローンの契約をしました。
契約しようと思ったきっかけは結婚式の費用が前払い制であったため、事前にお金が必要だったからです。

ローンの契約は会社の労働組合が付き合いのある、ろうきんで契約することにしました。
契約にあたり、審査が必要でした。

審査には、収入証明と、ほかの借り入れがあったので、その借り入れの残債を証明する書類を準備しました。

準備をしてから約1週間ほどで審査は終わり、契約を結ぶことができました。
ローンは200万円まで借り入れ可能となりました。

このローンのおかげで、無事に結婚式の費用を支払いすることができました。
結婚式が終わった後、ローンの一括返済もし、現在は借り入れはありませんが、カードローンの魅力はまたお金が必要な時は何度でも限度額までは借り入れが可能というところです。

お金は借りないに越したことはないですが、万が一の急な出費の時に、また利用することがあるかもしれないので、カードローンはひとつ契約しておいて損はないと思います。

カードローンは便利です

カードローンは要するに分割払いをするための方法です。

これを利用すれば値段が高すぎて買うことが出来ないようなものでも簡単に手に入れることができます。

もちろん支払いはしなければなりませんが、毎月一定の金額を払うだけでいいのです。

一度に多くのお金を支払う必要はなくなります。そのおかげで家計に掛かる負担はとても小さいものになります。

カードローンはクレジットカードに付属している便利な機能です。その使いやすさは群を抜いており、洗濯機や冷蔵庫などの値段の高い電化製品を購入する場合に適していると言えます。

それらの電化製品が故障してしまった時には、すぐにカードローンを利用して新しい製品を買うことが出来ます。

安定している収入があるならば、支払いをしていくことは決して難しいことではないです。

そして、その結果として豊かな性活を送っていくことが出来ます。
カードローンはお金を生み出す方法ではありませんが、お金を上手に使いこなす方法です。

便利で使い勝手の良いカードローン

ローン機能のついたカードさえ持っていれば、いつでも好きな時にお金を借りることができるカードローンは非常に使い勝手が良く便利なローンです。

申込をして無事に審査に通過すれば、借入限度額がセットされたカードが発行されるというのが一般的な流れです。金融機関の場合は、新たにローン専用カードを発行せず、既存の預金口座のキャッシュカードにそのまま貸越機能を付加するというカードローンもあります。

最初は借入の枠がセットされているだけなので、借入をしなければもちろん利息も発生しません。

ATMのローン画面から借入操作をしてから、利息が計算されていきます。万が一の時のためにカードローン契約だけしておいて、必要な時にだけ使ってすぐに返済すれば、支払利息も少なく抑えることができ、賢く利用することができます。

また、借入だけでなく、返済についても融通が利きます。
毎月決められた返済日に自動で返済金が指定の預金口座から引き落としになる方法の他に、返済日以外でも好きなタイミングで返済をすることもできます。

カードローンは銀行系がお得

カードローンの会社には大きく2パターンあります。1つは銀行系のローン会社。

もう一つは独立系の消費者金融です。

お互いにそれぞれメリットを持ってはいます。消費者金融は絶対的に審査スピードが速いです。1人でも多くのユーザーに借りてもらうためにもチャンスは逃さないということだと思います。

それに比べ銀行系のカードローン会社は、資本に銀行が入っているという安心感を与えることができ、且つ消費者金融より若干金利が低い形になっています。

お金は借りたいけど、そこまで急ではないし、長い期間で返していきたい。と考えているならば、銀行系のローン会社を選択した方がいいでしょう。

また、銀行系のカードローン会社が絶対優位に立てる点が他にも1つあります。
それは借り入れをしていても総量規制の対象外になるということです。

現状は法律で消費者金融から借りれるお金の限度額は、年収の1/3と決まっていますが、銀行系カードローンの場合はその対象に入らないため、他の消費者金融で借り入れがあっても、借りることができやすいと言えると思います。